メイド イン アビス リコ

Add: hejyjuny20 - Date: 2020-12-14 15:26:57 - Views: 2595 - Clicks: 7914

メイドインアビスで登場する、白笛達を紹介してきましたがいかがだったでしょうか? 一癖も二癖もある白笛達はメイドインアビスの中で、外せない重要なキャラクター達です。これからの話の展開でどのような情報のアップデートがあるか楽しみですね!. CV;森川智之 3巻から登場。 作中世界における生ける伝説「白笛」の一人で、二つ名は「黎明卿」「新しきボンドルド」。 ふだんは深界五層「なきがらの海」にある「前線基地(イドフロント)」に居を構えて活動している。 仮面をかぶりパワードスーツを着こんだロボットのような姿をしており、素顔はおろか素肌すら見せない謎めいた人物。 彼の従える探窟隊「祈手(アンブラハンズ)」もまた全員が仮面とパワードスーツを身につけているものの、仮面のデザインは一人ひとりで大きく異なる為誰が誰なのかは容易に判別可。 メイド イン アビス リコ また、プルシュカという名前の娘がいる。. メイドインアビスの中ではもはやおなじみとなっているが、リコの作る料理は「リコ飯」として作る度にフォーカスされている。 家庭的な面を持ち合わせていて(サバイバル能力が高いとも言えるけど)、好奇心旺盛な子供っぽい一面とのギャップがすごく. リコとレグはまず二層まで誰にも見つからずに目指す事にし、食事を始める。 メイド イン アビス リコ するとレグは出発前に鞄に見知らぬ封筒が入っていたと話し、リコに封筒を渡した。 封筒にはリコが見たライザの書いたメモの複製が入っていた。 レグは封筒を鞄にこっそり入れたのはジルオなのではないかと言う。 つまり旅立つ日にジルオはリコとレグがアビスへ行こうとしている事を察していたが言及せず、見逃すという形で送り出してくれたのである。 しかし、封筒の中には赤い紙に「夜明けと共に捕まえに出る」という警告文も入っていた。 二人は顔を青くし、すぐさま二層へと出発した。 リコはジルオが捕まえに来る事をジルオからリコへの最後の授業と受け取る。 ジルオは初めからレグがロボットである事も知っていてずっと見逃していたのかもしれない。 二人はジルオに応えるためにも絶対に掴まらずに二層まで行くことを決意した。 だが、何者かの視線と気配を感じ、二人は探窟家が直ぐ近く似る事に気づく。 二人の目の前に現れたのは、孤児院の子供たちとも仲良しの黒笛「ハボルグ」であった。 リコとレグは焦って逃げようとするが、ハボルグは二人を捕まえに来たのではなくナットとシギーに二人を二層まで連れて行って欲しいと頼まれていた。 そして何よりレグが奈落の至宝だと聞いて、レグを自分の目で見に来たのであった。 ハボルグは二層まで一緒に行くと言うが、リコはこれはジルオの最後の授業だから断り、レグとリコだけで二層を目指すと言う。 ハボルグは了承し、二層に行くための予防接種と食べ物を渡し、さらに二層に設けられた施設「監視基地(シーカーキャンプ)」にいる白笛「不動卿動かざるオーゼン」に気をつけろと忠告し、二人を送り出した。 オーゼンはリコ自身が知らないリコについての秘密を何か知っているようである。. 『メイドインアビス』には魅力的なキャラクターが登場します。 ここではキャラクターとともに演じる声優キャストもご紹介します。 リコ/富田美憂 「メイドインアビス」でリコの声を担当するのは、富田美憂さんです!. . あにかい来週もリコと地獄に付き合って.

前向きで勇気と好奇心にあふれた性格だが、全体的に図太い人間が多い作中でも飛び抜けて強靭な鋼メンタルの持ち主。 遵法精神は皆無なうえ、命がかからない範囲では安全意識も希薄。 悪戯、窃盗等の悪行に手を染め、拾い食い等のはしたない行為でも平気で行い、つるむ仲間は全員男子。悪意を持って行うことが少ないのがせめてもの救い。 狡猾さは持ち合わせていないので相応に痛い目も見ており、猛省文、むち打ち、裸吊り等のお仕置きや、拾い食いで腹を下すことも日常茶飯事なのだが、全く反省の兆しがない。 特にアビスに対しては並々ならぬ情熱を燃やしており、孤児院主催の子供探窟隊では孤児院に納めるはずの遺物を毎度のように着服してはお仕置きを食らっている。 このため孤児院の大人たちには悪童として完全に目を付けられており、何か問題が発生すると真っ先に原因として疑いを向けられるほど。 しかしながら、探窟に臨む姿勢は至って真剣。道具の維持管理も怠っていないようで、危険度の低い階層の探窟でも気を抜かず、事前説明にしっかり耳を傾け、前日から完璧に準備をしていた。 アビス深層を目指してからも同様で、興奮することは多いものの、地上での生活のように暴走することは少ない。 母親のライザ同様、人間としては問題人物ギリギリだが、底抜けの前向きさと持ち前の大胆な行動力、度胸と知恵と、冒険家としてはある種理想的なものを持っている人物と言える。 そして、あらゆる点である人物に似ていると指摘されており・・・。. それじゃあ、メイドインアビス3巻の内容をネタバレしていくよ。 恐るべき呪いを秘めつつも、人々を魅了して止まない底知れぬ大穴『アビス』。 母・ライザに会うべく少女・リコと機械人形・レグは、この大穴に人生をかけて挑んでいく。. メイドインアビス劇場版総集編の公開を記念し、不定期更新の形で年11月12日(第10回)から年2月8日(第13回)まで『ラジオインアビス 〜リコとレグとナナチの探窟ラジオ〜』のタイトル名にリニューアルして配信が再開された。. 劇場版「メイドインアビス 深き魂の黎明」が公開中の「メイドインアビス」シリーズの続編制作が決定した。詳細は明らかにされていないが、年放送のテレビシリーズから最新作「深き魂の黎明」まで、シリーズの足跡を振り返る続編制作決定プロモ. 劇場版「メイドインアビス」-深き魂の黎明- 公式サイト. 【メイドインアビス】意外と厄介な謎を秘めているリコさん 投稿日:年4月8日 更新日: 年7月19日 目次です。.

メイドインアビス. 。 「どこにも行ったりなんかしません。あなたの愛があれば、私は不滅です」 その「祈手」がボンドルドを名乗り、プルシュカを抱きしめたのである。 そして、激昂するレグに向けて言った。 「探窟隊『祈手』は全て私ですよ」 実のところ、劇中に登場したボンドルドは厳密に言えば本物ではなかった。 作中で「ボンドルド」を名乗って活動していたのは、特級遺物「精神隷属機(ゾアホリック)」の力によって彼の意識を別の人間に上書きしたボンドルドの複製品。彼が部下として従える「祈手(アンブラハンズ)」は全員がこの複製品であり、たとえ「ボンドルド」として活動している個体が何らかの形で死亡しても、彼の意識を共有する「祈手」の誰かがボンドルドの仮面とその意識を移せば、その「祈手」が新たなボンドルドとなり復活できる、という仕組みなのである。 つまり、ボンドルドとは祈手たちによって演じられる共有人格、あるいは群体生命体とも呼ぶべき存在なのである。 彼と部下である「祈手」達がそれぞれ異なったデザインの仮面を付けていたのは、誰が「現在のボンドルド」なのかを識別するシンボルとするため。 この「祈手」達にもそれぞれ個々の人格・個性があり、愛嬌ある性格をした者から無口な者、果てはガチガチに遺物で武装した者まで存在する。 また、「祈手」はどこかから調達してきた人間に「精神隷属機」でボンドルドの人格を上書きして生み出されるようだが、上書きに失敗して廃人同然となった者もいる。作中では「『祈手』になれなかったヒトたち」と呼ばれ、単純労働に従事していた。 ちなみにオリジナルの彼はどうなったかというと、彼自らの手で白笛へと加工され、死亡している。 祈手ボンドルドが首から下げていた白笛、あれこそが意識のコピー元となったオリジナルのボンドルドである。. メイドインアビスの主人公リコはアビスのフチの街オースにある孤児院で暮らすかわいい女の子です。友達たちと共に遊び、探窟家として日々勉強して、探窟作業で見つけた遺物を孤児院に提出して、たまに珍しそうな遺物を「ちょろまかし」て、裸釣りにされるようないたって元気な女の子. . 物語の舞台となる巨大な縦穴「アビス」は、深度2万メートルとも言われ、人類が底まで辿り着けない未踏の地である。 アビスの縁に作られた町「オース」は、アビスに降りて探索を行う「探窟家」の住む町である。 探窟家たちはアビスから「遺物」と呼ばれる不思議な力が秘められた人工物を持ち帰り、日々の糧にしていた。 しかしアビスの中では人を襲う生き物や、「アビスの呪い」と呼ばれる上昇負荷から来る体の不調など、探窟家は命がけの冒険を強いられる。 アビスは深界一層二層三層と続いて行き、七層の後には極点と呼ばれる詳細不明の空間がある。 アビスの深部へ行けば行くほどアビスの呪いは強くなり、六層以降は一度潜ったらもう二度と出られないと言われている。 それでも探窟家がアビスを目指すのは、そこに未知のロマンがあるからであった。.

「新薬の開発」→その新薬は違法な薬物実験の末に生み出されたもの 2. 存在自体は他の白笛共々1巻の時点で語られていたが、本格的にその動向が描かれたのは3巻でのナナチの回想から。 作中ではナナチを始めとした孤児達を五層の「前線基地」に連れ込み、人体実験用のサンプルとして使い潰していた。(なお、アビス五層からの帰還時にかかる上昇負荷は子供の体力では耐え切れずに死んでしまう程危険なものだが、それを指摘されると「あれらは人間としての運用はしておりませんので」と平然と返していた) この人体実験でナナチとミーティの二人が「成れ果て」にされ、ミーティの方は実質的に殺されてしまっている。 また、リコ、レグ、ナナチの三人が「前線基地」にたどり着く前から、何らかの手段で三人を監視していたと思われる。 4巻で本格的に登場。娘のプルシュカと共に三人を出迎えて宿泊用の部屋を貸し出すが、三人が寝た隙にレグを誘拐、好奇心から部下の「祈手」を使って彼の右腕を切り落としてしまう。 再会直後から胡散臭いとは思われていたが、この件でナナチに完全に愛想を尽かされ、三人は「前線基地」を離脱。ボンドルド打倒に乗り出す。 出て行った三人を数人の「祈手」達と共に探しに行くが、そこでリコのけしかけた凶暴な原生生物カッショウガシラと遭遇。連れてきていた「祈手」を全員殺されてしまう。 ボンドルド自身は所持していた遺物で原生生物の対処をしたが、事前に対策を考えていたリコ、レグ、ナナチの連係プレーに反撃する間も与えられないまま追い込まれていく。 あまりの勢いにさしものボンドルドも狼狽えた. 【メイドインアビス】第10話感想 リコを襲う深界四層の悲惨な洗礼 【メイドインアビス】第10話、管理人の感想&Twitterでの反応まとめです。 (ネタバレを含む内容となっているので、アニメ本編視聴済みを推奨。.

· メイドインアビスのつくし卿、肛門にとんでもないことをする【下ネタ注意】 【メイドインアビス】不動卿オーゼンって今考えると白笛の中ではかなりまともなキャラだったよね 「考察」カテゴリの最新記事. See full list on dic. 監視基地を後にした二人は、第三層に到着する。 三層は4000メートルを越える垂直の壁が続いており、壁にある小さな穴にはアビスの生き物が、外側には大型の飛行生物が居た。 二人は子供が通れるくらいの小さな穴から進んで行くが、大型の生物マドカジャクの巣に立ち入ってしまう。 レグは火葬砲でマドカジャクを倒し、自分が気絶してしまう前にリコにすぐに逃げるように言うが、そこにベニクチナワが現れる。 このベニクチナワはリコとレグが出会った時にレグが火葬砲で追い払ったベニクチナワで、どうやら二人を覚えていて襲ってくるようであった。 リコとレグはどうにか小さい穴に逃げ込み助かるが、そこでレグは火葬砲撃った代償で気絶してしまう。 リコはレグを引きずりながら、とりあえず穴から出られる出口を目指した。 漸くリコが出口を見つけるがそこには急な登り坂があり、リコは坂を上ることで深界三層の上昇負荷である平衡感覚の異常と幻覚・幻聴などの症状を発症する。 上昇負荷は上り坂や階段など、現在地より上へ上がる行為に掛かるのである。 ライザが自分を連れて地上へ帰る幻覚を見るがそれらを振り切り、満身創痍になりながらもリコは坂を上りきるのであった。 だがそこにはベニクチナワが先回りしており、リコはオーゼンから貰ったブレイズリーブで撃退しようとする。 すると丁度レグが目を覚まし、リコはブレイズリーブをレグに渡し、レグがブレイズリーブでベニクチナワを撃退した。 リコはレグが寝ている間一人で冒険した事でレグの大切さを再度実感し、レグもまたリコが居なければこんな所まで来る事は出来なかったと思うのであった。 そして二人は深界四層へ到着した。. 上記の内容に間違いはないのだが、その本性は常人の価値観が通じないエイリアンのような人物。 誰に対しても温厚に接しこそするものの、ボンドルドに対して激しい恐怖を抱くナナチに何の気なしに「かわいいですね」「是非また私のところに来てください」と語りかける、実験の過程で被験者が苦痛を味わって死ぬことを逃げられない状況になってから明言する、そして後述の凄惨極まりない人体実験を日常的に行っているなど、その行動はどう見ても常軌を逸している。 決して人の感情や倫理観に対して理解が無い訳ではないのだが、彼の場合は好奇心が抑えきれずにそれを分かった上で無視してしまう人物と言えよう。 そんなボンドルドを狂人たらしめる最大の点は、「未来」以外の全てに対して無頓着であること。 研究のためなら法律や倫理観はもちろん、関わる他人の事情を顧みず、時には人(自他問わず)の命さえ平気で使い潰し、それでいて研究成果以外のすべてに執着しない。 もちろん名誉欲や金銭欲、支配欲らしきものも一切ない。 事実、作中ではレグたちの手で何度も研究や資産を損なわれた挙句殺されかかっているにもかかわらず、3人に対して怒るどころか大喜びで3人の知略を讃えるあたりにその異常性が垣間見える。 彼が唯一焦ったのは、レグの「火葬砲」にナナチが巻き込まれかかった時だけである。 上で挙げた偉業にしたって、 1. ご覧いただきありがとうございます。【商品説明】「メイドインアビス」ポストカード4枚セットになります。他作品のポストカード、ステッカーセットも出品中です。同梱可。【商品の状態】 ・一度人の手に渡った中古品であり素人保存の為、神経質な方は購入をお控えください。 . メイド イン アビス リコ 【mmdメイドインアビス】リコ&ナナチ【モデル配布】 その他 今回はリコとナナチを配布です、、これで主役はok。。w動画の方、モーション調整なし。.

彼の白笛は祈る手の様な形をしているがよく見ると両手が同じ形をしており、まるで恋人繋ぎの様な形をしている。また使用する際は口につけて吹くのではなく、白笛を両手で祈る様に包み込み、振動させる事で鳴らすようだ。 底のない非道ぶりを見せるボンドルドだが、彼がナナチら孤児たちを連れてきたためにナナチは憧れていたアビスでの冒険、そしてかけがえのない仲間を手にしており、ナナチにとっては憎い仇敵であると同時に夢を叶えさせてくれた恩人でもある。また(ボンドルド視点から見て)ボンドルドには大切に扱われてもいたため、ナナチからは複雑な思いを抱かれている。 作中でトップクラスに度し難い行動をとっている彼だが、「倫理や規則より好奇心を優先する」と表現すれば、リコにも似たような側面があるといえる。実際リコはボンドルドの所業を非難しながらも、冒険心には強い理解を示していた。 ちなみに行動食4号を作ったのも彼のようだ。 劇場版アニメのレイティングがR15+に上がった理由が大体ボンドルドのせいとネタにされている。これは作者も言及している。 ・・・もう一度このキャラクターがでる作品の作者を見てみよう。 また、同時期の常軌を逸した精神の持ち主である敵役として鬼舞辻無惨と比べられることも多かったり、常識を踏み外したかのようなぐう畜発想的な発言に「頭ボンドルドか」などという煽りが生み出されるなど名実ともに年代末〜年代初頭における「破綻した精神の敵キャラ」代表の一角となりつつある。. 「それまで不可侵だったルートの開拓」&「アビス深層での活動拠点の確保」→進路上にある動植物を丸ごと焼き払って強引に開拓 3. メイドインアビスの一考察。実はライザはリコのこと死産したんじゃなくて胎内にいるリコの何かを取り出した結果死産だった可能性はないですか? リコにとってのプルシュカが白笛だったように、ライザにとっての白笛もしくは奈落の底へ行くためのキーアイテムがリコから取り出した何か. 劇場版『メイドインアビス メイド イン アビス リコ 深き魂の黎明』作品情報. アビスの原生生物や遺物に関する幅広い知識を持ち、特に遺物は、今までに世に出回ったことのある遺物のリスト「遺物目録」を丸暗記しているほど。 記憶力だけでなく応用力、観察力にも優れており、事前知識が及ばない事態であってもアドリブの対処で切り抜けることが可能。 また、その豊富な知識を活かした料理も得意。レグに「思考を奪う香ばしさ」「本能に訴える旨さ」と評される料理シーンは必見。 一方で身体能力はそれほど高くなく、疲労等の要因で体調を崩す場面もある。戦闘においても肉体的な貢献は難しく、知識を活かした頭脳面でのサポートがメインになる。.

待ちに待ったメイドインアビス46話が更新された。 更新された瞬間はまさにこのコマのような状態だったのではないだろうか 。 更新の狼煙が上がり伝達者から更新されたことが回りに伝わっていく きた? ありがとう! 読者の皆さん準備はいい? インデまぇん マアアは伝達というお使いも. テレビアニメ『メイドインアビス』より、探窟家見習いの「リコ」がねんどろいど化。 表情パーツは可愛い「通常顔」のほかに、感激した時に見せる「キラーン顔」と、優しい「笑顔」をご用意。. 監視基地に行くと、大柄で白笛の女性「オーゼン」と、メイド服を来た蒼笛の(恐らく少年)「マルルク」に出会う。 オーゼンはライザの笛を発見した人物で、リコが生まれた時にライザと共にリコを地上まで運んだ人物でもある。 リコとレグは同じ年頃のマルルクと仲良くなり打ち解ける。 リコはライザについての話をオーゼンから聞いたら直ぐに旅立つつもりで居たが、とりあえず泊まっていく事になった。 その夜、リコがトイレを探し監視基地内を歩いていると、死体のような動く謎の生き物を見てしまう。 翌日、リコがその話をレグたちにしていると、オーゼンが何か知っているようでリコたちを私室に呼ぶ。 オーゼンはライザを追ってアビスに来たリコに対し、オーゼンがライザの笛を発見した場所はライザが好きだった場所に立てられた墓であること、そしてリコが見たライザの奈落で待つという封書はライザの字では無いと告げる。 「ライザは死んだのに何故アビスを目指す必要があるのか?」とオーゼンはリコを追い詰めるように問いかける。 オーゼンの私室には白い四角い物体があり、それはライザが生まれたばかりのリコを入れた呪い除けの籠であった。 この籠に入れると呪いを受けなかったため、呪い除けの籠と呼ばれていた。 しかし実際には籠の中に死骸を入れると、死んだものが動き出すという物であった。 実はリコは死産であり、籠に入れた時には既に死んでいた。 つまり、死産で生まれたリコは籠の中で生き返ったのである。 昨晩リコが見た謎の生き物は、オーゼンが入れた食用の肉でその半身が施設内をうろついていたのである。 そして、死産から生き返ったリコも昨晩の肉も、何故かアビスの中心に向かおうとするのである。 オーゼンのする怖ろしい話に、マルルクは泣き出し、レグはこれ以上リコを傷つけないでくれと言う。 レグとオーゼンは戦闘になり、二人を止めようとリコが飛び出すと、オーゼンはリコを弾き飛ばしリコは頭を怪我して気絶した。 マルルクはその隙を付き、何処かへ走っていった。 レグはこのままではリコが危ないと感じ、オーゼンに火葬砲を撃とうする。 しかしオーゼンに火葬砲を撃つ腕を捕まれ、気絶したリコの方へ向けられてしまう。 咄嗟にレグは腕を蹴り上げ火葬砲はリコに当たらずに済むが、オーゼンは武装し、レグは一方的に殴られ気絶してしまう。 レグが目を覚ますとリコとマルルクとオー. しばらくして、息絶えたボンドルドの元にプルシュカと一人の「祈手」が現れる。 父の骸を前に泣き崩れるプルシュカ。 一方、その「祈手」はボンドルドの遺体から仮面を取り外し、自身の被っていた仮面を脱ぎ捨ててボンドルドの仮面を被る。すると. 【アニメ】メイドインアビスの結末を教えてください。リコちゃんとレグはお母さんに会えたのでしょうか?お母さんはなぜ手き紙でリコちゃんを呼んだのでしょうか?リコちゃんは無事に地上に帰れたのでしょうか?ミー ティに酷いことをした白笛は倒したのでしょうか? ︎ライザとの再会. 。.

生まれからしてアビスの変化に敏感そうだし、年周期の異変も感じ取っていたのかな? リコ は リーダー の素質はある。 仲間 が迷ったときの決断 力 。. 11 ナニモカモ 【メイドインアビス 第9話 感想】リコ一人で大丈夫か?【アニメレビュー&無料視聴!. 表記ゆれ ※同名のキャラクターが多数存在するので検索の際には注意。 リコ ここから先ネタバレ ライザがリコを身ごもっていた時、彼女は国から「特級遺物『時を止める鐘』の早急な回収」の命を受け、身重の身体を押してアビスに潜っていた。 その途上で彼女の隊は壊滅。夫トーカを筆頭に多くの仲間たちを失い、「時を止める鐘」を深層から持ち帰れるかどうかすら危うい状態だったとき、そこで生まれたのがリコである。 メイド イン アビス リコ 出産に立ち会ったオーゼンによれば、取り上げたリコは死産であり、本来ならばその遺体は仲間の遺体共々アビス深層に置き去りにされるはずであった。 しかし近くにあった遺物「呪い除けの籠」にオーゼンがリコの遺体を何の気なしに入れたところ、リコが蘇生。産声を上げる。 そこでオーゼンとライザは予定を変更し、回収命令が下っていた「時を止める鐘」を放棄、代わりに「呪い除けの籠」とその中に入れたリコを地上まで運び上げた。 メイド イン アビス リコ (ちなみにこの「時を止める鐘」、国際情勢を左右しかねないほどの価値を持つ代物であり、本来ならリコの方が見捨てられてもおかしくなかったらしい) そのせいなのかは不明だが、リコは何度か深部の上昇負荷を浴びてはいるもののオーゼンやプルシュカのように頭皮や髪の毛がねじれたり肉体が変質したりといった、後遺症が残るタイプの上昇負荷を発症していない。 また、成れ果てと化して自我を失ったはずのミーティと夢の世界で出会ったのを初めとして、リコが「アビスに深い関係を持つ他者」と精神的な領域で意思疎通できると思われる描写が幾度か存在している。 これについてレグは、「(遺物の力で蘇ったことで)魂がアビスと深い部分で繋がっているのでは」と推測している。 付け加えると、この出来事がきっかけで遺物「呪い除けの籠」が「アビスの呪い(上昇負荷)」を避ける道具ではなく、中に入れた死骸を蘇生させるという効果を持った遺物であることが判明した。 また、赤子の時に籠から出された途端アビスの中心に向かおうとしたり、「奈落の底で待つ」という手紙があったとはいえ赤笛でラストダイブを志すなど、アビスの底に向かうことに対して本人の意思を超えた力が働いている節もある。これについては、「アビスで生まれたものはアビスに還る」の謂れがあり、リコもアビスで生まれた存在であるがゆえにアビスに還ろうとしているのではないか、とオーゼンに示され. 二人は無事二層に辿り着き、リコは追っ手がもう来ない事を喜んだ。 しかし、ここから先は人間ではなくアビスの生き物たちから追われることになるのであった。 か弱い人間はアビスの生き物にとって餌なのである。 二人はまず、監視基地を目指す事にする。 すると、人間の助けを求める声が聞こえてきて、二人が行って見るとそこには空を飛ぶ生き物「ナキカバネ」に襲われている人が居た。 助けに行こうとするレグであるが、ナキカバネは獲物の助けを求める声を真似し新たな獲物をおびき寄せる習性がある、つまり罠だとリコは言う。 二人は草陰からナキカバネを観察していたが、二人が見ていたナキカバネとは別の個体がリコを攫ってしまう。 ナキカバネの数が多くレグは上手く手を伸ばすことができずに焦り、リコは上昇負荷によって気絶しナキカバネの雛達の餌にされそうになっていた。 レグはリコに出会った時に使ったという熱線を出す技を自分が使える事を思い出し、力の限り撃った。 その力は想像を絶する破壊力で、危うくリコすら巻き込んでしまうところであった。 目を覚ましたリコは攻撃の後を見て、自分を助けた時はもう少し的を絞れていたことを話し、レグは本来この技をちゃんと操れるのだと語った。 そしてリコはこの技に「火葬砲(インシネレーター)」と名づけた。 レグは体力を消費したのか二時間ほど眠りについてしまい、リコがナキカバネに捕食されてしまう夢を見た。 目が覚めるとリコは無事で、二人は食事をする。 リコが用意した肉はレグが仕留めたナキカバネの肉で、ナキカバネは人間を捕食するためその肉を食べるという行為にレグは戸惑う。 しかしリコは、探窟家を食べる生物は多く、彼らの血肉は生き物から再び探窟家の血肉となり、探窟家はそうやって強くなるのだと話した。 二人は二層の最下部「逆さ森」にある、監視基地に辿り着いた。 逆さ森とは名前の通り木々が上下逆さに生えている場所である。. アビスの全てを解き明かすべく、「前線基地(イドフロント)」にて研究に励む科学者。 劇中においては「大規模な虫害の未然防止」「それまで不可侵だったルートの開拓」「アビス深層での活動拠点の確保」「新薬の開発」そして「上昇負荷の克服手段を発見」などなど前代未聞の偉業をいくつも成し遂げており、人類のアビス攻略を一気に推し進めた正真正銘の偉人と言える。 彼自身その業績にあぐらをかくような性格ではなく、むしろ物腰のやわらかい子ども好きな博愛主義者。 現在までに登場した「白笛」の中では最も温厚な人物である。. 登録日:/10/:40:09 更新日:/10/:07:58 所要時間:約 8 分で読めます タグ一覧 お色気担当 ゲロイン メイドインアビス ン゛.

メイド イン アビス リコ

email: rirehety@gmail.com - phone:(998) 882-8175 x 1836

クラウド イケメン すぎ - ギャッツビー

-> ともしび ライター
-> バビル 二 世 ヨミ

メイド イン アビス リコ - ドクター


Sitemap 1

坂田 銀 時 原作 - ミラクル